食わず嫌いは損! 

わたしは、牡蠣が大嫌いでした。

 

生臭~い生牡蠣はもちろん、

カキ料理すべて、

大の苦手でした。 

 

「なんで、、こんな美味しいもん、

食べれんのじゃろーかなー?」 

 

そう言いながら

冬になると、

焼き牡蠣やカキ飯を

パクパク食べていた母! 

 

「よーあんな臭いもん、食べれるわ!」   

母の姿を横目で見るわたし。

 

そんな20代の若かりし頃、

たまたま見ていた

地元テレビ放送アナウンサーの

焼き牡蠣を食べている姿に

釘付けになったんです!

 

漁師町の海の側、

炭火の網の上に置かれた

10個足らずの

殻付き生牡蠣!

 

程よく立ち上がる

炭火の煙、、、

 

焼き上がった

牡蠣の殻をこじ開け、

牡蠣の身に向かって、

ジュワ~~~と絞るレモン汁!

 

それを本当~~~~~

美味しそう~に口に運ぶ

地元アナウンサー!!

 

満面笑みの

地元アナウンサー!!! 

 

ミ: 「牡蠣・・・焼き牡蠣、食べてみようかなー」 

母: 「ええっ!! 焼き牡蠣を? 食べるん?」 

ミ: 「・・・うン、レモン絞って・・・」 

 

炭火ではなく、ガスコンロでしたが...。

 

それ以来なんですよ、

牡蠣が大好きになったのは。

 

今では、生牡蠣だけでなく、

カキ飯、酢ガキと...何でもオッケーになりました。 

ホント、何がきっかけになるか、

わかりませんよね。

 

ちなみに母、 

「あーあ! 一人分しか食べれんよーになったわ!」  

言っておりました。 

 

今日のくろさん

f:id:mitsuko26:20140928102855j:plain

撫でてもらおうと、

ジワジワ近づき・・・

あともう少し・・・  

 

「口がくさい!!!」  

 

と言われ凹んでるくろさんです。