読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーの駐車場での小さな事故

ミツコ

スーパーの駐車場に

バックで車を止めました。

 

右に1台、運転席にオッサン(60代~70代ぐらい)がひとり、

家人(たぶん)の買い物を

退屈そーに待っていました。

 

ミツコは車を降り、

スーパーの入り口(車の後ろ側)に向かうため

後輪側に行くと、

コンクリートの細長い車止めが

真っ二つに折れ、

片方の半分が、

斜めにゆがんでました。

 

(危ないなー!

どっかの車が車止めにガーンて

ぶつけて折ったんだよー)

 

と想像しながら、

斜めになった車止めをまたぎ

スーパーに入りました。

 

買い物をすませ、

また斜めになった車止めをまたぎ、

運転席側のドアを開けよーとした

その時!

 

 

ひとりのおっちゃん

(ヒョロっとした、

ちょっと気が弱そーな

60代~70代ぐらい)が

斜めになった車止めにけっぱんづき、

よろめいて

留守番してたオッサン車の

左側ドアミラーにおもいっきり両手をつき、

ドアミラーがグイーンて動いたよーΣ( ̄□ ̄|||)

 

その瞬間!!!

 

「どうしてくれるんならぁぁぁ~~~~~!!!!

弁償してもらうからのぉぉぉ~~~~~!!!」

 

退屈そーに留守番してたオッサン!

えっらい剣幕で運転席から飛び出し、

ドアを開けて

買い物袋を車の中に置いてた

ミツコの側を通り、

おっちゃんに怒鳴りまくり。

 

「すいません、すいません・・・すいません。

女の人をよけようとして・・・」

 

(女の人?・・・ミツコのこと?・・・

このおっちゃん、ミツコのせーにするつもりなんかい( `ー´)ノ)

 

しかーし、将棋の駒のよーな顔したオッサン

ヒョロヒョロおっちゃんのいうことなんか聞く耳持たずで、

ひたすら壊れたレコードのよーに(←古い)

 

「弁償してもらうからのぉぉぉーーーーー!!!!!

弁償してもらうでぇぇぇーーーーーー!!!!!」

の一点張り

 

ここでミツコ、車の中へ入りドアを閉めました。

(外で見学してたけど

大声がうるさいし飽きてきたんで)

 

車の中からじぃ~っと

おっさんの将棋の駒のよーな顔を見てました。

 

やっと、おっさんもミツコの視線に気が付き、(←遅いんだよ)

目と目がバッチンコ。

 

でもおっさん、

すぐにおっちゃんの方に向きなおし

「弁償!弁償!」って

ひつこく言ってましたが、

声のトーンは下がってましたね。

 

ミツコもゆっくり車を発進!(完全に飽きた)

バックミラーを見ると、

ちょっとミツコの車を見てたオッサン

またおっちゃんに向かってガミガミ言ってました。

 

まぁ、確かにミツコをさけるため

オッサンのドアミラーにもたれかかったことは

事実だし・・

もし・・おっちゃんがミツコの方に

よろけて倒れてきたら

確実に左腕だったしぃ・・・ 

足元もよく見て歩かないと危ないですね。

 

それにしてもあのオッサン、

「弁償、弁償」って

おっちゃんにまくしたててるわりに

ぜんぜんドアミラーの方、見てなかったよ。

普通、壊れてるかどーか確かめるでしょうに・・まっ、いっか。

 

うるさいオッサンと気弱なおっちゃんのお話でした。

 

 

 

【ミッキー小話】

 

 

f:id:mitsuko26:20161110062802p:plain

 

 ミッキーはネズミ捕りの名人(名猫)でした(=^・^=)

 

冬の寒い朝、コタツ布団の上で丸くなって動かないミッキー。

 

「何しょん?背中が冷(つめ)とーなっとるが」・・と、

うずくまってるミッキーの前方に目をやると・・卵?

 

「ネズミじゃ~~(T_T)」

カッチカチになったネズミが転がってました。

 

夜中に捕ったんでしょう、

朝まで何時間も

ネズミの番をしてたみたいです。

 

得意げな顔でミツコを見るミッキー♪

 

「ミッキー、ネズミ捕ってくれたんじゃなー

ありがとねー」(←ホントは(T_T))

 

ふっさふっさのしっぽをピーンと立て、

モンローウオーク(←オスなのに)で

ゆうゆうと満足気に

部屋を出ていくミッキー

 

「どこ行きょん、廊下、寒いじゃろ。

コタツの電気入れたよー、

すぐ布団ぬくーなるよー。」

 

案の定、小走りで戻ってきたミッキー

 

ちなみにくろさんはゴキ捕り名猫でした=^_^=