ひとりごと@ミツコ

人さまの役にたたない日記

スーパーの駐車場での小さな事故

スーパーの駐車場にバックで車を止めました。

 

右に1台、運転席にオッサン(60代~70代ぐらい)がひとり、

家人(たぶん)の買い物を退屈そうに待っていました。

 

ミツコは車を降り、スーパーの入り口(車の後ろ側)に向かうため後輪側に行くと、

コンクリートの細長い車止めが真っ二つに折れ、片方の半分が斜めにゆがんでました。 

(危ないなー!...どっかの車が車止めにガーンて ぶつけて折ったんだよ) 

と想像しながら斜めになった車止めをまたぎスーパーに入りました。

 

買い物をすませ、また斜めになった車止めをまたぎ、

運転席側のドアを開けよーとしたその時! 

 

1人のおっちゃん、

ヒョロっとした、ちょっと気が弱そ~な60~70代ぐらいが

斜めになった車止めにけっぱんづき、よろめいて

留守番してたオッサン車の左側ドアミラーにおもいっきり両手をつき、

アミラーにさばり、グイーンて.....動いたよードアミラーΣ( ̄□ ̄|||)

 

その瞬間! 

「どうしてくれるんならぁぁぁ~~~~~!!!

弁償してもらうからのぉぉぉ~~~~~!!!」

 

退屈そーに留守番してたオッサン!

えらい剣幕で運転席から飛び出し、 

ドアを開けて買い物袋を車の中に置いてたミツコの側を通り、

気弱そぅなおっちゃんに怒鳴りまくり!

 

「すいません、すいません・・・すいません。女の人をよけようとして・・・」  

女の人?...ミツコのこと?

このおっちゃん、ミツコのせいにするつもりなんかい( `ー´)ノ

 

しかーし、将棋の駒のよーな顔したオッサン!

ヒョロヒョロおっちゃんのいうことなんか聞く耳持たずで、

ひたすら壊れたレコードのよーに

 

「弁償してもらうからのぉぉぉーーーーー!!!

弁償してもらうでぇぇぇーーーーーー!!!」一点張り

 

ここでミツコ、車の中へ入りドアを閉めました。

(外で見学してたけど大声がうるさい) 

車の中からじぃ~っとおっさんの将棋の駒のよーな顔を見ていました。 

やっと、おっさんもミツコの視線に気が付き、(←遅いんだよ)

目と目がバッチンコ! 

でもおっさん!.....すぐにおっちゃんの方に向きなおし

「弁償!弁償!」って、しつこく言ってましたが、

声のトーンは、あきらかに下がってましたね。

 

ミツコもゆっくり車を発進!(飽きた)

バックミラーを見ると、ミツコの車をチラッと見てたオッサン!

またおっちゃんに向かってガミガミ言ってましたね。

 

まぁ、確かにミツコをさけるため

オッサンのドアミラーにもたれかかったことは事実。 

もし...おっちゃんがミツコの方によろけて倒れてきたら確実に左腕だったし...

要は...足元をよく見て歩かないと危ないってことですよね。

 

それにしてもあのオッサン、「弁償、弁償」ってまくしたててるわりに

ぜんぜん自分の車のドアミラーの方を見てなかったですね。 

 

普通...まず、壊れてるかどうか確かめるでしょう?

 

うるさいオッサンと気弱なおっちゃんのお話でした。