ミツコ

Freedom

盲導犬に見つめられる

先日スーパーで盲導犬を見かけました。

犬は鼻が利くでしょ...食べ物の誘惑が多いスーパーで

大人しくて...お利口さんだったわね。

 

ミツコは20年ぐらい前、初めて目の前で盲導犬を見ました。

夏の暑い日、ビルの6Fにある歯医者に通っていたミツコ。

まだまだ盲導犬の認知度がそんなに高くない時代です。

 

治療が終わり、エレベーターに乗って

1Fに降りるため「閉」ボタンを押そうとした時、

正面からエレベーターに向かい、ゆっくり歩いて来る

盲導犬ラブラドールレトリバー)とそのパートナー(おじさん)。

 

あわてて「開」ボタンの方を押しドキドキして待っていると、

「ありがとうございます」と言いパートナーと盲導犬が乗ってきました。

「何階ですか?」ミツコが聞くと「1階をお願いします」と...。

1Fボタンを押すとエレベーターの扉が閉まり、

中にはミツコとパートナーそして盲導犬の二人と一匹。

ミツコは扉の側の押しボタンがある所に...盲導犬とパートナーは奥...

盲導犬を見ると...おっきぃ(大きい)~!

 

うん?...盲導犬がジィ~ッ!とミツコを見つめてる?

 

目をミツコの顔から離さないでジィ~!見つめてる.....なんで??

 

怪しぃーって感じの目で.....なんで???

 

 

あっ!?..........サングラス?

(エレベーターに乗る前にサングラスをかけ、

ビルのすぐ前の駐車場に停めてる車に乗ったら

直ぐ発進できるようにしてたの → 駐車料金が高い(T_T)) 

 

サングラスを外してニコッ(^^♪ 

やっとミツコから目をそらしてくれました...ホッ!

 

そして、1階に着いたとたん、扉の方にサッと向く盲導犬

扉が開くと...ミツコ「お先にどうぞ」、パートナー「ありがとうございます」...盲導犬は前を向いたまま一度もミツコの方を振り向いてはくれませんでした、悲しい? 

盲導犬の顔はキリっ!

とても凛々しかったことを今でも覚えています。

 

             *************************************************************    

                      

初めて盲導犬に出会った数年後、1冊の本が出版され購入

f:id:mitsuko26:20170115114858j:plain 

 

きのう、十数年ぶりにクイールの本を開いてみました。

 

f:id:mitsuko26:20170115115704j:plain

クイール自身とパートナー だった渡辺さんの写真...

もうこの世にはいない一人と一匹...。

 

クイールはとてつもなく頑固でマイペース...

そして...とっても素直な性格の子だったそうです。

f:id:mitsuko26:20170115120250j:plain

子犬の頃、クーちゃんと呼ばれていたクイール...

生まれつき、わき腹に黒いカモメの模様がある

とても印象的な子...。 

 

デジカメで、本の中の写真を撮っていたミツコ...ぽろぽろ...

涙で...なかなか上手く撮れない...。

 

 崔 洋一監督、主演 小林薫の映画『クイール』も昔テレビで見ました。

 

ミツコがエレベーターで出会った盲導犬

きっと本ができるぐらいのお話があったでしょうし...

すべての盲導犬が各々のストーリーを持っていると思います。

 

ミツコも何匹か盲導犬の本を読みました...

ただ...その中でも盲導犬の名を一躍世間に広めたのが... 

クイールだったんです。