読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「魔女の宅急便」の続きと「美魔女さん」

いつものようにネットのお散歩をしていると、

魔女の宅急便」の続きを詳しく書かれているサイトさんに目がとまりました。

意外と知られてない ジブリの名作「魔女の宅急便」に続きがあるの知ってた!? - ファミコン世代のおっさんブログ

28年も前の公開だったんですねぇ...この間って感じなのに...この映画に原作があることは知っていました。

ミツコが気になっていたのはラスト、黒猫のジジが主人公のキキとおしゃべりできないまま(ジジは人間の言葉がしゃべれてたのにニャ~のみになった)終わってしまったこと...このまま終わりかい~って。

原作6巻もあったのね...だいたいはサイトさんのおかげでキキとジジがハッピーで終わることはわかったけれど...ちょうど今日、例のゆる~い会のゆる~いお勉強会(ゆる~いお勉強会って何よ?→ 言わない!→ 怪しぃー!→ 怪しくな~い( `ー´)ノ、あんた誰よ?→ アウトなミツコ👹)のため久々に街に出かけるので(どれだけ田舎なの)ついでにゆる~いお勉強会が開かれるビルの近くのいつもの図書館(長い!)で、5巻と6巻だけ(全巻かりないのかい?→ そう!→ 何で?→ 読むのがめんどくさいからよ!→ やっぱり👹)かりてこようかなーって思ってる。

お勉強会はだいたい午後6時過ぎてからだから(時間も適当~)ちょっと前に行けばいいわね(図書館の駐車場がタダ時間も考えとかなくちゃ)だいたいミツコはぐーたらなんで図書館に行くと、メモ書きした本の名前を図書館の人にわたし、探してくるまでイスによっこらしょと座って待ってるの、やっぱり図書館の人は早いわね、すぐ見つけてくる(倉庫以外)、だからちょっとしか座ってられないのが不満...きっと今日も早いでしょうよ...児童書の方だし...(~_~;)

 

さて、魔女で思い出したことが...

ゆる~い会には美魔女さんがいるんですよ。

あれは1年ぐらい前、四角に囲んだ会議室テーブルのひとテーブルのイスに座ってたミツコ、両隣は男性でした。

ちょっと離れたところに座って、他の女性とお話をしてた美魔女さん。

 

美魔女:「私、2,3年前に還暦済んだからね!」

 

その瞬間、ミツコ+男性2人

「えぇーーーーーー!!!」

 

ミツコ:「スゴイ!」

 

「うん、うん」うなずく男性2人。

 

その美魔女さん、身長は165cmぐらい、

スラっとした美人、ピシッと着こなした膝丈スーツがとってもお似合い、髪型はワンレン(死語?)肩につくかつかないぐらいの前下がりのボブ!靴は高~いハイヒールでカツカツさっそうと...還暦すぎてもキャリアウーマンのお方。

ミツコたちをチラッと見て、、、(ФωФ)フフフ・・・美魔女決定の瞬間でした!

あまりのショックか?...ミツコの左隣に座っていた男性、それ以来、来ていません。

きっと、衝撃を和らげるため、趣味のアーチェリーに没頭しているのではないかと、ひそかに思っているミツコです。

 

そして、このゆる~い会の年齢層なんですが...

自己申告とミツコの見た目で、

だいたい30代~60代ぐらいかなぁ...

70代...う~ん、見た目ではいないようだけど...

20代の人、前はいたんだけど...いつのまにか幽霊のように消えちゃった。

60代の女性の方が結構いて、皆さんキャリアウーマンばかり、良い意味での鍋奉行がいっぱいなので、ぐーたらミツコに「これして!あれして!」なんていう人がひとりもいない、とっても居心地がいいところなんです。

でも、それはヨコ関係だからで...

これが...タテ関係だったら...

きっとミツコも幽霊になって消えていたでしょう。

 

皆さんのまわりには美魔女さんはいるんでしょうか?

案外、すぐ近くに居たりしてね...うふふ。

 

f:id:mitsuko26:20170228104225j:plain