セレブなお客さん

ミツコのお仕事場へは毎日、たくさんのお客さんが来ます。

メイン建物へ入った途端、ほとんどのお客さん、紳士淑女風に変身.....面白い

 

Ⓓなんて建物へ入ったすぐそばでのお仕事。

ほとんどのお客さん、1番にミツコを見、軽く会釈してくれます。

余裕なときは笑顔で会釈、

忙しい時は、しゃがみこんでアセアセ必死!(何を?👹)

...笑顔どころじゃない。

ホントはどんなに忙しくてもお客さんには笑顔、って.....無理!

 

そんな中、記憶に残った対照的、男女のお客さん二人。

共通点、どちらも上から下まで...お上品そうな...まさにセレブ、って感じ。

 

f:id:mitsuko26:20171112204413j:plain

 

1人はセミが鳴いてた夏頃、場所は長屋のⒺ。

荷物を引き取りに来た60代ぐらいの男性客、

東京からって言ってたロマンスグレーのおじさま。

淡いピンクのカッターシャツが、とてもお似合いだったことを覚えてます。

 

ミツコ:「いかがでしたか?」

お客さん:「大変、素晴らしゅうございました」

 

素晴らしゅう~嫌味なくサラッと自然に.....ビックリポンでしゅた。

 

もう一人は先日のこと、Ⓕへおこしの60代ぐらい女性客。

(Ⓕは蔵を改装した建物だから気分が落ち着くところ)

黑の助に写ってた女性に雰囲気が似ていました。

Ⓕ受付は1人でのお仕事。

 

 ミツコ:「いらっしゃいませ」

お客さん:「可愛らしぃ.....]

 ミツコ:「?」

 

 お客さん:「.....タイプ...」 (聞きまつがい...かも...)

 

お客さん、ミツコの顔をニコニコジィ~と見ながら、奥へ入っていかれました。

ミツコ.....固まっちゃいました。

 

f:id:mitsuko26:20171029094416g:plain

 

p.s     大ショック!

   テレビでシンゴジラしてたよぉ~ 

   ヤフーテレビ番組で知ったよぉー  

   見逃したよぉ~大ショックゥ~!