ひとりごと@ミツコ

人さまの役にたたない日記

もぅすぐ12月、ごちゃごちゃ話

その①

来月は忘年会。2年目は司会者担当がミツコたちの中から二人。ひとりは、フットワークも軽く、いつも駆け足、カピバラ君。もうひとりは、最初、グズグズ言ってたくせにカピバラ君がすることに決まった途端、すぐ、オッケーした腹黒大阪のおっちゃんに決定。もし、決まらなかったらあみだくじだったから、よかったです。カピバラ君は、でしゃばって、自分から立候補するタイプではないのですが、いつも、頼んだら気持ちよく引き受けてくれます。岡山でも有名な一の宮の氏子さんだから、にぎやかなお祭りが好きなのかもね。おかげさまで、ミツコたち女性陣は、2年目にしてお客さん待遇、ウフフ。 あ、◯ちゃん...忘れてた。

 

その②

そぅそぅ、来月のシフトが、小汚いレターボックスのミツコ用引き出しの中へ...いつものようにイヤイヤながらコソッと長屋Ⓐを見てみると、また、ブーとぉ~もぉーもぉー! 先月から、長屋シフト作り担当はウサギさんになったはず。

「また、ブーさんとぉ。ミステリアスさんと一度もないんです~!」

ミツコ、抗議!

「まぁ、まぁ、今回はブーさん、長屋、多いから!ミツコさんだけが当たるんじゃないですから!」

必死になだめるウサギさん。確かにブー、多い。他の人も2回のうち1回は、ブーと当たってるし...ミツコもブーとうさぎさん。ま、いっか。

 

その③

先日、共同台所で、手を洗ってたら

「あ、ミツコさん、また、掃除当番、知ってます?」カーコ

「え?」ミツコ

4部屋休憩ルームの中で唯一の和室掃除当番のお話です。

「この間、済んだが!」ミツコ

「あれは5月ですよ」

和室の小汚いレターケースの上に置いてあった掃除当番表をミツコへ見せるカーコ。

「年に2回もあんのー?」ぶーたれミツコ

「また、布団乾燥、やっときますから」カーコさん

「ホント~? ありがとーカーコさん。じゃ、わたし、掃除機2回するね」

こうして12月、4畳半和室、掃除機担当2回することになったミツコです。

あ~、忙しぃ忙しぃ。

 

その④

12月は年末大掃除もあります。

前組と後組にわかれて、職場全体がお休みの日に行います。

ミツコは前組、ミツコと、ミドリ虫さんと、すみえお姉様の3人グループで島流しⒷの一部分をすることになったと張り紙がしてありました。去年と同じところで同メンバー。

「お昼休憩、どっか外に食べに行こうか?」ミドリ虫さん

「うん」ミツコ

毎年、すごく美味しぃお店の巻きずしとお稲荷さんの助六セットを一手に注文してくれる顔が広~いカラオケお姉様。助六セットは注文しておいて、その時、どーするか決めたらいいんじゃない?」と、すみえお姉様の提案にミツコとミドリ虫さんも同意。

問題はその数日後なんだけど...実は...もぅひとり加わることになったと、変更の張り紙が、あったんですね。ミドリ虫さんの大嫌いなスケルトンさん。お姉様なんだけど”さん”人。

「3人だけで外へ行けばいいんじゃない?」ミドリ虫さん

「一応、誘ったほうが...たぶん、行かないっていうと思うし...」

角が立つのを気にするすみえお姉様。

さてさて、どーなることでしょうね?