愛知では顔をジロジロ見られることを覚悟せよ!

 

 実況見分が素晴らしい!

 

名古屋赴任「懲罰刑」時の gotohellさん投稿記録。

 

 

ある程度の期間名古屋で生活をすると

 

ネイティブ愛知県民なのか
県外移民なのか
 
1発で見分けられるようになる。
 
 
 
 
日本は大きく分けると
縄文系と弥生系の顔立ち…と言われる。
 
 
 
 
愛知県の顔は基本的に
エラの張った顎と大きな鼻、
半開きで下がった口角と眉間のシワ。  
 
厚みがある皮膚
という際立った特徴がある。 
 
 
 
縄文系の亜種だろうか。
 
 
 
ただ 一色というわけではなく
 
弥生系の顔立ちもいるが
弥生系にも愛知顔がある。
 
 
 
彼らからみると
他府県から来た顔というのは
外国人同様なようで
失礼なほどガン見される。
 
 
 
名古屋に仕事で来る方は
この失礼な洗礼を覚悟して頂きたい。 
 
 
 
無視する
という スキルを身につけるまでは
 
「自分 額に肉とか書いてるんじゃないか?」
 
というくらい数奇と怪訝の視線に晒される
不快な生活を強いられるだろう。
 
 
 
とはいえ見分けがつくのはこちらも同じ。
 
 
 
不快な視線に晒されても
ぐっとこらえましょう。
 
 
 
猫背で
口角が下がって
口半開きで
ガニ股で歩く人々
 
からすると異質なのは確かなんです。
 
 
 
 
外から来たものを
英語でエイリアン、と言います。
 
 
 
彼らからは
私たちがエイリアンかもしれないけれど
 
私には 愛知が
日本国外から来たのではないか?
 
という人たちの
コロニーのように見えるんだよな。
 
「肉」.....「キン肉マン」世代? 
 
 
記事へのコメント
追加させてもらってもいいですか?
 
 
 
名古屋は
カフェの外が見える席でコーヒー飲んでるだけで、
 
街ゆく名古屋人が
ウインドウショッピングするかのごとく、
じーっと見てきます。
 
 
 
頭おかしいですよね。
 
 

ameblo.jp

 

gotohellさんの観察力に感服!

 

 

 

 

 

 

 

見入った立体アート