なぜ名古屋人はすべて"損得"で考えるのか

すべてにおいて、

 

これはだわ、というものには飛びつき

 

これはだわ、というものには手を出さない

 

という意味において、

 

名古屋の人というのは非常に功利的なのである。 

 

 

デザインよりも実質価値重視するのが 

名古屋人の功利性である。 

 

 

実質価値という言葉が出て、思いあたることは、  

名古屋人には付加価値というものがわからない、ということだ。 

 

 

付加価値とは、商品の持っている実質価値以外の魅力のことだ。

 

一見なんでもないような商品だが、

これはあの有名店のもので、そのことに価値があるのだ、

というのが付加価値である。 

 

 

ところが、

 

その実質価値しかわからない名古屋の人が、 

ファッション関係ブランド品には 

敏感大いに愛好するのである。

 

 

なぜならば、

 

ファッション関係のブランド品 

身につけていれば、他人に見えるからなのだ。 

 

 

他人が見て、あっ、シャネルだわ、

と驚いてくれるところがいいのだ。 

 

 

誰が見ても、あっあれを持ってる、とわかる 

超有名ブランドでなければならないが、  

 

それはとてもほしいものなのである。

 

 

かでしか 

価値を考えない名古屋人だが、

 

超一流ブランドのファッションは、 

誰にでも見えるものだから 

なものなのである。

 

 

一流料亭で食べても、

自分に満足感はあるかもしれないが

他人には見えない。 

 

他人に見えないところで

高い料金を払うのは

なことである。 

 

 

しかし、

 

一流のファッション・ブランドのものは 

他人に見えて、一目置いてくれる。 

だからなのである。

 

 

 

名古屋人は 

他人に見えるところでは 

大いに見栄を張る。

 

 

うらやましいでしょう、 

見せびらかす感じさえある。

 

president.jp

 

功利手柄や利益

 

 都道府県も損得傾向はあるが、%率が名古屋人の比にあらずw

 

 

 当然、人間選び名古屋人w

 

 

 

ヤンキーもどき.....名古屋出身?

 

 

 

悪口陰口、犬食い、ジロジロ👀w

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

kurosan.hatenablog.com