SNSは、フィルターバブルとエコーチェンバー現象に囲まれた「まやかし」の世界

自分と同じ意見の人と接するのは

心地よいですね。

 

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は

現実世界より「同好の士」で集まりやすく

反論を書く人を締め出すこともできます。

 

 

異なる意見が見えなくなりがちなので

「みんながそう言っている」かのような

錯覚に陥らないよう注意しましょう。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

●業者が情報を選別 

 

フェイスブックを使っていると、

自分の意見が正しくて

『大勢が賛同している』

勘違いしている人いると感じます」。

 

 

IT企業に勤務し

インターネットトラブルの啓発活動などに取り組む

宮崎豊久さんはそう話しています。

 

 

SNSは、知人や友人、

自分が読みたいと思う投稿をする人を

「友達」として登録したり、

フォローしたりして利用します。

 

 

自分と同じ意見

好ましい言葉

自然と囲まれていく仕組み自体が、

勘違いが起きる要因の一つです。

 

 

利用者の居心地が良いことは、

ネット事業者にも利点となります。

 

 

そのため、

SNSに限らず、検索エンジン

ニュースや動画、音楽配信でも、

事業者は利用者が好む情報を

提供しようとしてきました。

 

 

それが高じて

注目されるようになったのが、

好みの情報だけに囲まれて

情報が偏る弊害す。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

フィルターバブル

 

嫌な情報を遮ってくれる「泡」に包まれる

という意味で

「フィルターバブル」

という造語で呼ばれます。

 

 

「友達」に囲まれたSNS

自分の意見を表明すると、

同じ意見が「こだま」のように行き来し、

「みんな」が言っているように感じる

「エコーチェンバー(反響室)」現象

も知られています。

 

 

こうした現象が問題視されるのは

ネット上で

非科学的な言説を広めたり、

差別を助長したりするケースです。

 

 

現実社会ではごく少数の意見でも

ネット上では複数見つけることが可能で、

同じ人が何度も投稿して

大勢に見えることもあります。

 

 

黙っている人、

違う意見の人

もっといるかもしれないと

意識していた方がいいでしょう。

 

 

自分の周りにいるのが

同じ意見の人ばかりだと、

それが正しいと思ってしまいがちなのは

実社会でも同じです。

 

 

 

SNSが違うのは

「『友達』を

簡単に変更できることだ」

鳥海不二夫・東京大大学院准教授(計算社会科学)は指摘しています。

 

フォローを解除すれば

気に入らない意見は目に入らなくなります。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

●正しさ求め悪循環

 

ネット上には膨大な情報がありますが、

一人一人はそれほど多彩な情報に触れているわけではありません。

 

鳥海准教授

 

ただ、目にする情報が偏っている

自覚するのは難しいところがあります。

 

情報が多すぎて取捨選択しなければならないため、

自分が正しいと思う情報を得ると、

そればかり選んで集め、

さらに正しいと思い込むという

悪循環が働くからです。

 

 

鳥海准教授

「心の中で楽しむ分には偏っても構わないが

行動に移すなら多角的に見る必要があります。

なるほどと納得した時こそ注意してほしい」

とアドバイスしています。

 

 

利用者ごとに最適なニュースを選別し、

配信する事業を手掛けるグノシー(東京都港区)は、

サービスを開発した2011年ごろ、

利用者の興味をSNSの投稿内容から割り出していました。

 

共同創業者で研究開発を担当する

関喜史さんによると、

 

配信するニュースを多様化させると、

利用者の興味の幅も広がる傾向が

分かったそうです。

 

関さん

フィルターバブル

エコーチェンバーについて

「限られた集団内でのみ支持され、

これまでは表に出てこなかったような意見が

SNS顕在化した」と捉えています。

 

その上で

「公開の場で表明されれば

社会の問題として扱うことができます。

可視化されたことを肯定的に考え、

問題があれば

SNSで反論していくことが大事

ではないでしょうか」

と指摘しています。

https://www.kyoeikasai.co.jp/kpa/agent/monosiri2019-26.htm

 

SNSが違うのは

「『友達』を簡単に変更できることだ」

.....即席インスタントだから、当たり前!

 

病院と似てますね。

入院しているときは、周りが患者さんばかりなので、

世の中には病気やケガの人が多いなあ、と感じていましたが、

退院すると、周りにほとんどいません???......魔法が解けました。

 

 

自分の意見が正しくて

『大勢が賛同している』

と勘違いしている人...はてな互助会」!

 

中でも、嫌な情報を遮ってくれる「泡」と、

自分と同意見が「こだま」のように行き来し、

「みんな」が言っているように感じる

(返報の法則)が当たり前の

💀はてな互助会」は、

まさに、絵に描いたような模範生!

 

例えば.....

「非科学的な言説を広めたり」

耳くそ十八番!

 

「差別を助長」

もちろん🐷十八番!

 

「同じ人が何度も投稿して

大勢に見えることもあります」

これは、はてなスター数を一人につき5個つけたとすると、

🔰ならば、確実に、人気ブログと勘違いするまやかし!

実は少数.....ほとんどが、読者登録は挨拶代わりの

小遣い稼ぎにせっせと励むはてなプロ村の住人なのだよ。

 

このはてなプロ村の人というのは、

コメントやブコメがとっても優しいコピー&ペーストさんが

多いんだよ~ん、感謝感謝!......あとは、ブクマカ 笑

 

 

しかしながら・・・

 

所詮は、「泡」! 

 

どのみちバブル崩壊!!