ひとりごと@ミツコ

人さまの役にたたない日記

片思い

「なんで今日みたいな日に2人? 考えられない!」

プンプンウサギさん

 

きのうはウサギさんと長屋Ⓐのミツコ...900人超えで大疲れ!

21日の祝日と土、日に挟まれた時は平日でも普通3人でしょ!とご立腹のウサギさん。

 

前日は前日で、🐷饅、スポック組で千人越え! 

Ⓐデスク引き出し内の散乱を見て、

「🐷饅、荒れてるわぁ~!

祝日なのに2人? もぉ~理由(わけ)わかんない...

今日、🐷饅休みだし・・・」

パニックウサギさん 

 

「スポックは来てましたよ。

ハクション大魔王みたいな黒の麻パンツはいて」ミツコ 

 

「アハハハ・・・・・ミツコさ~ん!」壊れたウサギさん 

 

 

「そういえば、4月に入った途端、🐷饅となんです~」

泣きべそミツコ 

 

「あれっ!? 

🐷饅は最近ミツコさんと無いって寂しがってましたよ」

ウサギさん

 

「🙀!!!」ミツコ

 

「🐷饅の片思いですね」ウサギさん

ブイヨン、元気かい?

この世にいなくなってる犬に、
 「元気かい」はないのかもしれないけど、
 そう思うんだから、そう言うことにするよ。
 おなじように、「なにしてる?」とか、
 「みんなとなかよくできてる?」とかも、
 聞いてみたいことだね。

 あれから1年たったね。
 おとうさんも、1年分、年をとったよ。
 なんか、足がおそくなったような気がしてます。
 老犬になってからのゆるゆる散歩が、
 ちょうどよくなってるのかもしれないね。

 「かなしい」ということばを使わないようにして、
 この1年を過ごしてきたけど、いまごろになって、
 「かなしい」も言えるようになったな。 
 いいこだったもんね、かわいかったもんね、ブイヨン。
 あんまり興味ないかもしれないけど、お花とね、
 うれしそうに食べたカステラを買ってくるね。

ブイヨン、みんなにかわいがられて、ほんと幸せな犬です。

http:///www.1101.com/home.html

 

くろさんの命日を ヨーダくんに教えてもらったミツコ😿ハンセイ

kurosan.hatenablog.com

今年3才(4月生まれかな?)

「こんなビビリな子は はじめて」Aさんからのお墨付き言葉を ふと 思い出しました。

きっと、今頃どこかの星の下でビビリながら元気に暮らしてることでしょう。

不思議なことにヨーダ君のあと子猫が1匹も迷い込んで来なくなりました。

「節穴の向こうの猿」は、ぼくの好みのことわざだ。

箱のなかにだか、塀の向こう側にだかわからないが、
 人のまねをする猿がいるらしいという。
 ちょうどいい節穴が空いているので、
 そこから覗いてみると、猿どころかなにも見えない。
 節穴から少し離れてみると、中になにかは居るようだ。
 しかし穴から覗くとなにも見えない。
 賢明なる読者のご推察の通り、穴の向こうの猿は、
 こちらの人間が節穴を覗くたびに、
 同じように向こうからこっちを覗いているのである。
 節穴は、向こうとこっちの目玉によって塞がれている。
 どちらも、向こうが見えないでいらだっているのである。

 これは、対立関係にある敵味方が、
 同じような次元の行動をとってしまっているため、
 局面が変わらないままになるという意味らしい。
 ほとんどの争い事には、こういう場面がありそうだ。 
 …などと書いたけれど、
 「節穴の向こうの猿」などということわざはない。
 これは、よく言えばぼくのオリジナル、 
 悪くいうなら、いま考えた嘘である。

ゲーム「節穴の向こうの猿」攻略法を考えてると仮想現実ともにワクワク・・・

 

スーパーのレジのお仕事は・・・

 腕力が必要不可欠ですね! 

先日、スーパーのレジでミツコの列の一番前へいた80代ぐらい?の爺ちゃん

3カゴいっぱいのお買い物をしてました。

 

3カゴ?...どうやってカートに乗せたんだろぅ?

 

そして、この爺ちゃんレジの精算が済んでも

1カゴも(3メートルぐらい離れた買い物袋へ入れるための)台へ運ぼうとしません。 

もぉ~、レジには最後尾のミツコ含めお客さん(4,5人)並んでたのに~

 

すると、レジのオバちゃんササッと、

あっという間に 重たそーな2カゴを軽々(台へ)運んじゃいました。

見栄えは中肉中背で力持ちそーには見えなかったけどね。 

 

残った1カゴを運ぼうとしたとき、

「これ!」...爺ちゃんがカゴの中の2リットルペットボトル3本のフタを指差すと、

レジのオバちゃん嫌な顔もせず なれた手つきでギュッ!って...ネジって

3フタを開けてました。 

 

イライラ😤並んでたお客さんたち(ミツコも含む)、これには、へぇ~!

 

爺ちゃん、頭良ぃ~

一人暮らしなんでしょうかね?

ペットボトルのフタ、硬いもの。

 

でも、ふつう「これ!」で...通じる?

毎度おなじみ!さりげなく自画自賛の🐷爺さん

🐷爺さんがおせっかい焼き?...「もどき」つけ忘れ

寄せ鍋?...カモ君のお家で カモ君と一緒に楽しくカモ鍋をいただきました

出たり引っ込んだり...もぐらは元から根暗 

真夜中に見た四谷怪談より怖かった70爺さんの「母さん、母さん」よりマシ 👆

 

「親」「人」「blog」...友友友・・・はてな老人互助会よく叫んでます。

 

ど・しつこいスッポン婆さん、あの手この手の🐷爺さんおびき寄せ作戦!

今度こそと意気込み、ブコメからコメント承認制へ ころもがえ!

🐷爺さんと思う存分イチャイチャ・・・

70山超え婆さん、老いてなおコソコソコメント鼻盛り!

「はてなブログ」で読者数を増やすための王道!

 はてな(老人)互助会』どもとはてなプロ』の方は常識でしょう。

  • 読者登録をする
  • 人様のブログへ訪問しスターを付け回る
  • ブコメを付け回る
  • コメントを付け回る
  • はてな(老人)互助会』へ入会(潜入)する
  • 読者・互助会員を意識した(ほめ殺し・機嫌取り)記事を書く

 ざっとこんなことをすれば読者登録が増えます。

・・・ブログの中身が、どうであっても・・・

読んでくれるかどうかは別物ですから。

 

 読者数が3桁に増えたら後は野放しでOK!

クズブログも(偽)スターブログへ変身です。

人は統計好きですからねぇ~、数で騙されるんです。

どうせほとんど幽霊読者ですから よっぽどでない限りわざわざ外す人なんていません。プロなんて読者登録したことさえ忘れてる人が大半ですよ。

 

要ははてな老人互助会』カメムシとスッポンを真似ればいいんです。

(プロではありません...ただの互助ガメ)

東から太陽が登って西へ沈むまでパソコンへかじりついてる珍老コンビ。

体力いりますよぉ~ 

首も凝りますよぉ~

目も疲れますよぉ~

はてな本部から追い出される可能性も十分ありますしね。

~、もぉ、前科あったんだ!)

それも、ほとんど毎日更新(👈この時点でミツコだったら脱落)。

そして、読者・互助会員からの更新お知らせがきたらすっ飛んでスター、ブコメ、コメント付け(👈ミツコだったらとっくに逃亡)必須~!

読者数が3桁になるまでど根性大根生活ジーッと耐えなければなりません。

......まるでgame!

プロでもないのに読者数を気にする気持が理解できない?...ただの憐れな自慢どす。

はてな老人互助会クズ記事の読者数が多いなぞなぞ謎~?...解明!でしょ。 

 

ミツコは、はてなプロじゃないし、

元から読者数なんて全く興味ありませんでした。

だから長い間『読者になる』って何?...ブコメも同様でしたね。

興味ないことは面倒くさいので操作説明も読まないんです。

読者登録したのもほとんどがはてなの右も左もわからない初めの頃だったし、

しなくても興味がある記事へは訪問してましたので、

増やす努力なんて全くしたことがございません...必要ないからでしょうね。

 

お散歩してると、

確かに、

記事も素晴らしく、

何年もかけ、

正当方法で、

何の小細工しなくても読者数が勝手に増えてるブロガーはいます...が、

残念ながら...少数です。

 

お散歩してると、こういう本当に素晴らしいブログを見つける楽しみもあります。

確率は低いけど...ふふふ・・・実はミツコ、数ブログ見つけてるんですよ。

読者登録・スター・ブコメ・コメントなんて一切してません...ロムのみ!

ホントに好きなブログは㊙、誰にも教えたくない性格なんです。

ホントのお金持ちはネットでお金の儲け方なんて教えませんよ、それと同じ、かな?

ホントに宝くじで高額当選した人は言いませんよ、それと同じ、かな?

ミツコ、ベラベラしゃべっちゃったもん、...fufufu.

ただいま「A.V.A」ハマり中...何のこと?

どんどん、タイトルから遠ざかりそうなので これにて終了~...fufufu.