「告げ口、陰口、いいかげんにせんかい!」

某月某日、

少し前のことだけど、

とあるパリの知り合いが、


「あいつが、ツジの悪口言ってたぞ」と言った。

 

 

本当に、

こういうことを

面白おかしく言ってくる人間が後を絶たない。

 

 

ぼくはわきが甘いからか、

 

こういうことを

結構な頻度で言われてしまう。

 

 

もっとも

こういうおせっかいをする輩は、

ここパリだと日本人、

 

フランス人は

陰口とか告げ口はしない。

 

 

フランス人は

面と向かって悪口言ってくる。

 

 

日仏の違いだ。

 

 

フランス人は

人が揉めていても

そこに立ち入ることはしない。

 

 

でも、日本人、

とくにおやじは軽い。

 

 

告げ口する連中は、

ぼくの悪口を言ってる阿呆よりも、

もっと質が悪いことに気が付いてない。

 

 

実は

僕が許せないのは

こういう輩だ。

 

 

世界から争いが消えないのは

こういう伝書鳩の仕業なのだ。

 


「ちっちぇ―な、お前」

ぼくは低い声で言った。

 

 

そいつの

好奇に満ちた目が

面白がって

ぼくの心を覗き込んできたので、

 

 

お前の

その告げ口する軽口気に入らないんだよ、

と言ってやった。

 

 

すると、

その告げ口男ようやく黙った。

 



人間のの部分にをつけるような

中途半端

告げ口とか影口とかは

言わない方がいい。

 

 

軽口をたたくやつが

一番

この世界で愚か者である。

 

 

悪いやつじゃないのだろうけど、

くだらない人間

なんだと思う。

 

 

気が付いてないことが

一番愚かなことで、

 

人を見損なう時っていうのは

だいたい

こういう時なのだ。

 

www.designstoriesinc.com

 

 

さすが、 芥川賞作家の語彙力じゃ~

 

乏しい語彙力のため伝わらないミツコが言いたいことを

くまなく伝えてくださったツジサマ、

ありがとうございます。

 

 

 

 

「ちっちぇ―な、チンピラw

 

 

 告げ口したパリ日本人おやじ.........

インスタントラーメンのように即席で出来上がった

「💀はてな互助会」伝書鳩

 

 

そして・・・

 

告げ口してまわった大元軽口🐷伝書鳩

 

kurosan.hatenablog.com