名探偵【金田一耕助】は、倉敷市真備(まび)で誕生したんです。

横溝正史は、戦時中、真備へ疎開していたそうです。

横溝は父が旧船穂町(現・倉敷市船穂町)出身だったことが縁で

45年4月から3年余り、旧岡田村(現・同市真備町岡田)に疎開。

慣れない農作業で地元の人たちと交流を重ねるかたわら、ひっそりと執筆を続けた。ここでの生活で、名探偵金田一耕助が登場する「本陣殺人事件」「獄門島」「八つ墓村」などの代表作が誕生している。

www.asahi.com  

疎開のお家は無事でよかったですね。    

 

横溝正史自身、実際に、金田一シリーズで登場する場所へは訪れたことがなく、

膨大な資料だけで完成させたと聞いたことがあります。 

 

よく、真備から近い伯備線『総社駅』が、映画の中で登場していたのを

「何でかなぁ~?」.....長い間、理由を知らなかったミツコ。

 

 

伯備線といえば、豪雨の影響で【特急やくも(岡山⇔出雲)】などの、

運休中だった列車の復旧見通しがついたそうです。

嬉しぃニュースですね。

 

 

p.s

twitter.com