藤井聡太エピソード

将棋の藤井聡太棋聖の話題が、
ぼくらの耳にも聞こえはじめた頃、
「なにがどうすごいのか驚けなくて残念なんです」

と言ったぼくに、スポーツ紙の記者が、

同僚の将棋担当に受けた説明を、

おすそ分けしてくれた。



「関西ではもう評判になっていたのだけれど、

東京にくるときに、どれくらいすごいのかわからなくて、クルマに例えたらベンツだとかポルシェだろうと、

いちおうイメージして待ちかまえていた。

そしたら、やってきたのはジェット機だった」

と、将棋担当の記者に言われたのだそうだ。

 


それからその後の活躍ぶりを考えると、
その比喩が見事だったのかもしれないと思えてくる。



ぼくはあいかわらず何もわかっちゃいない人なのだが、
先日の「藤井聡太エピソード」で、また深く感心した。

 


イベント会場で

ファンの質問に答えるコーナーがあった。

 


「将棋の神様にお願いするなら、なにを?」

という質問。


 
藤井聡太棋聖は

「せっかく神様がいるのなら、

一局お手合わせをお願いしたい」

と答えてくれたらしい。 

 


神様に「なにかください」とお願いするのではなく、

真正面から「お手合わせ」をしてほしい、と。

 


将棋の神様がいるのなら、どんな将棋を指すのだろう?

 


ものすごく真っ直ぐで真剣な気持ちが見えてくる。

 


まさしく「ジェット機のこころ」だと思わされた。 

 



将棋にまったく詳しくないのに、

つい書いちゃいました。 

ほぼ日刊イトイ新聞

 

 

ベンツかポルシェだと思ったらジェット機だった

☖☗わかりやすい、プロだなぁー